プラント施工管理に必要なスキルを知って求人探しに役立てよう


プラント施工管理に必要な能力を確認しておきましょう

プラント工事の仕事は、工場や製造設備の建設業務が主な仕事となります。現場はある程度規模が大きいもので、シビアな安全管理や工程管理も求められます。住宅の建設などと比較すると、仕事内容は大変である場合が多い仕事です。この管理業務に携わる人として、最低限必要な基礎知識があります。それは、安全・品質・行程・原価の各管理に関するものです。この知識がないと仕事にならないと言われるくらい重要なもので、4大管理などとも呼ばれます。

一方能力として重要視されるのが、コミュニケーション力です。施工に関しては、多くの関係会社や人と関わるためです。同じくらい重要な能力として、マネジメント力もあります。決められた期間の中でスムーズに施工を進行させなければならないので、管理をする立場の人には必須の能力とも言えます。

プラント施工管理をするうえで必要な資格について

プラント施工管理者に必要な資格として、1級建築士があります。プラント工事は大規模な案件に着手することも多く、この資格を持っていないと、案件に携わることができなくなってしまうこともあります。1級と2級では扱える規模が異なるのがその理由です。また、請負金額が3500万円以上の建設現場には、選任された管理技術者をおかなければなりません。1級建築士を持っていれば、この要件を満たすことができます。他には、1級施工管理技士の資格も持っておく必要があります。この資格を持っていることで、施工計画・工程管理・品質管理・安全確認の仕事ができるようになります。

施工管理の求人は、ネットの求人で数多く出ています。1級施工管理の検定に合格している場合、高い給与での求人が数多くあります。