トレーラーのドライバーとして働くうえで知っておきたいこと

夜間の業務が多いため日々の体調管理が重要

トレーラーのドライバーの仕事は、勤め先の運送会社の事業内容にもよりますが、全国各地の顧客のもとへ荷物を送り届けるため夜間の業務を担当する機会が多くなる傾向があります。そのため、日々の体調管理をしっかりと行って、疲労や睡眠不足による事故を防ぐことが重要となります。トレーラーのドライバー在籍数が少ない運送会社においては、荷物の量が多いシーズンや曜日に連続して勤務を任されることもあり、業務中に思い通りに休憩時間や仮眠時間を取るのが難しくなることもあります。そうした中、長く仕事を続けるにはドライバーの人員配置が適正なところや、定期的にきちんと休暇を取れるところを就職先に選ぶことがポイントです。

業務経験が無い人は充実した研修がある会社で働こう

トレーラーを安全に走行させるには高度な運転技術が必要となり、人によっては長距離走行ができるまでに時間が掛かることもあります。そこで、トレーラーのドライバーの業務経験が無い人は、若手や新人のドライバーを対象とした乗務研修に力を入れている運送会社を探すことが大切です。大手の運送会社の中には、正社員のドライバーの離職を防ぐため、新人の研修期間を従来よりも長くしたり、面倒見が良い先輩ドライバーを一定期間同乗させたりしているところも少なくありません。なお、仕事上でトレーラーのドライバーに求められるスキルについては、毎日の主な業務内容や顧客数などに大きく左右されるため、勤務開始前に担当者に説明を聞くことが大事です。

トレーラーの求人は、経験者が高く評価される傾向にあります。トレーラーを運転するには、大型自動車免許とけん引免許および高度な運転技術が必要だからです。