運転好きにはピッタリ?フォークリフトの仕事でやりがいを得よう

重いものも楽々と運べる車

建築現場や工場、倉庫などでは荷物運びをする仕事がありますが、重い荷物もまとめて運ぶことができるフォークリフトを運転できたら便利ですよね。作業場でスイスイと動くその姿は、テレビなどで見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。フォークリフトとは、運搬の際に使用される乗り物で、専用の台に荷物を載せて目的地まで運ぶことができる特殊な車のことを言います。操作や運転で運搬を行うので、それなりの技術と経験が求められますが、慣れると狭い場所でも器用に運搬をすることができるようになります。

では、誰でもフォークリフトの操作をしても良いのかと言うとそうではなく、フォークリフトを運転するには修了証、つまりフォークリフトの免許が必要です。

免許はどうやって取るの?

フォークリフトの免許には、運ぶ荷物が1トン未満か1トン以上かの2種類が存在します。どちらも18歳以上であれば年齢制限は無く、1トン未満のフォークリフトは講習を受ければフォークリフト運転特別教育修了証を取得することが可能です。1トン以上は、講習の受講に試験の合格でフォークリフト運転技能講習修了証がもらえます。ちなみに、技能講習修了証は車の免許と同じく、フォークリフト運転時には携帯する義務があります。

求人は工場や製造業が多く、資格が必要な業種のため給与は比較的高いです。経験者を募集する求人もあり、それ相応の現場の数をこなすことができればその経験は転職の際にも役に立ちます。また、安全運転で効率良く運べる技術を得られれば、やりがいも感じられます。

フォークリフトの求人は、仕事に必要な免許を持っている人であれば、現場での経験がない人やブランクがある人も応募可能なものが少なくありません。