転職すべき?外資系企業のメリット・デメリットを考えよう


外資系企業のメリット

外資系企業のメリットの1つは、実力が重視される仕組みであるということです。日系企業は、年齢や勤続年数が重視される傾向にありますが、外資系企業ではそれらはあまり関係ありません。若くても、入社して日が浅くても、実力があり実績が上げられれば、どんどんキャリアアップを目指すことが可能なのです。

また、自由な働き方ができることも外資系の大きなメリットです。外資系では、オンオフの区別が明確です。自分の仕事を計画的に進められれば、それ以外の時間は全て自由。残業は仕事を効率的に進められない人がやるものというイメージがあり、あまり喜ばれません。仕事とプライベート、メリハリをつけた生活を送りたい場合は、外資系企業に適性があると言えるでしょう。

外資系企業のデメリット

外資系企業のデメリットは、実績によって収入が不安定になる可能性があることです。日本にある外資系の給与形態は、基本給と歩合給の割合がおおよそ半々です。日系企業は基本給が給与の大きな割合を占めるため、少々特殊に映るかもしれません。実績をどんどん上げればそれに比例し歩合給の部分がアップし、給与も高くなりますが、成績が良くなければ歩合給に期待できないので、一気に給与額がダウンしかねないのです。

また、外資系は、日本の市場から撤退する場合もあります。そうなると、日本の支社は引き上げられるため、職を失う可能性もあるでしょう。魅力が多く見える外資系企業ですが、同時にリスクもはらんでいることは忘れてはいけません。

外資のIT業界に就職するためには、IT技術の実績と語学力が問われます。面接と実技試験がある会社が多いので対策がポイントです。