高給取りも夢ではない!?外資系転職のあれこれ


外資系転職の選び方とは

外資系転職を考える時には、まず第一に自分がこれまで築き上げてきたキャリアを活かせそうなところを選ぶことが大切です。自分がやってきたことをどのように活かせるのかを論理的に考え、面接で深く掘り下げた内容の質問をされた場合にも難なく受け答えができそうな募集先を見つけることが一番です。

外資系で求められるスキルはどんなものか

外資系企業では英語のスキルが求められることは確実です。日常会話はもちろんのこと、ビジネスに関する内容も議論できるレベルまで求められますので、高い英語力は必須となります。その他のスキルは職種によって異なりますが、専門性の高い分野で働いた経験や、大勢の人をマネジメントした経験などは外資系でも重宝されることが多いですので、アピールできるスキルの一つです。

外資系で働くことのメリットとデメリットについて

外資系企業のメリットとして一番にあげられるのが賃金の高さです。有能な人材に対してはそれに見合った対価を支払っている場合が多く、日本企業で働いているよりも待遇が高くなることがあります。また実力主義ですので、若年者でも能力が有ればどんどん上を目指していけるのもメリットです。逆に外資系で働くデメリットとして一番大きいのは、実力主義であり常に変革を求められるので、受け身の姿勢で働いていると上を目指すことが難しくなるという点にあります。また日本企業のように年功序列ではありませんから、勤続年数が長ければ自動的に上に上がることが出来るというシステムも存在しません。大きなメリットがある一方で、少しのデメリットがあるのも事実です。

色々な求人情報がありますが、中でもこだわりがあり、外資系求人を探したい人は、職業安定所に出向いて相談するという方法があります。