単身赴任の利用に最適!マンスリーマンションの基本情報


マンスリーマンションは短期契約で手続きを行います

マンスリーマンションとは、短期契約者向けのマンションのことで、単身赴任で短期間だけ部屋を借りたいという際に利用する人も多いです。普通の賃貸物件の場合は解約をしない限り、契約が自動更新になることがほとんどですが、一方のマンスリーマンションの物件は1ヶ月や3ヵ月といったふうに、あらかじめ期間を設定した上で契約を行います。ただ3ヵ月の期間で契約したとしても、単身赴任の期間が延びてしまったという時もあるでしょう。そんなときでも、次の入居者がいない場合は、契約を延長して住むことも可能ですし、新たな入居者がいる場合は、他のマンスリーマンションの部屋を紹介してくれることもあります。

マンスリーマンションと賃貸物件の大きな違いとは!?

一般の賃貸物件とマンスリーマンションの物件では、初期費用や設備面が大きく異なります。一般の賃貸物件を借りるときには、敷金や礼金がかかることが多いです。片や、マンスリーマンションの場合は、敷金や礼金などの初期費用の負担がかからないことがほとんどと言えます。そして、マンスリーマンションには、冷蔵庫や洗濯機、ガスコンロや掃除機などの家電の設備が備わっている物件が少なくありません。寝るためのベッド用品や、机・椅子などの家具も用意されている物件が多いため、新たにレンタルや購入する費用の負担がなくなります。このように、入居してすぐに生活できる家電や家具の設備が整っているため、入居や退去ときの面倒な引越し準備をカットできる点もメリットの一つです。

マンスリーマンションとは1か月ごとに更新をして契約をすることにより、住むことができるマンションです。地方への長期出張など様々な理由で多くの人が利用します。